THQジャパンまとめサイト

THQジャパンまとめサイト

自身がオススメするゲームの一つに「Saints Row」シリーズがあったのだが、その日本事務所が閉鎖となり、とても驚いたのだ。

THQジャパン、2月29日をもって日本の事務所を閉鎖
今後はライセンスアウトによる他社パブリッシングに

引用:http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20120216_512307.html

米THQの日本法人THQジャパン株式会社は、2月29日をもって自社パブリッシング業務を終了し、事務所を閉鎖する。公式サイトや既存タイトルのユーザーサポートについては未定。今後は、国内メーカーに対してサブライセンスを出す形でのパブリッシングを模索していくことになるものと見られる。

 THQジャパン事務所閉鎖の理由は、米THQの深刻な業績不振によるもの。「セインツロウ」シリーズ、「WWE」、「UFC」シリーズ以外のヒット作に恵まれず、ヒットが出ても慢性的な高コスト体質に阻まれ、財務状況を好転させることができなかった。特にWii版のヒットを受けて、2011年のE3で大々的に展開していたタブレット型のゲームプラットフォーム「uDraw HD Game Tablet」(日本未発売)の失敗が打撃となったものとみられる。この結果、もともと同社の株価はここ数年低迷を続けていたものの、2012年初頭には株価がついに1ドルを割り込み、NASDAQからは上場廃止の警告を受け、投資家からは具体的な再建策の提示を求められていた。

 THQの再建策についてはまだ全貌が明らかになっているわけではないが、アジアパシフィックに関しては、ヘッドクォーターのあるオーストラリア法人と上海にある中国法人は規模の縮小が予想される。開発会社については今のところ閉鎖や契約解除の予定はない見込み。

 日本法人に関しては事務所は閉鎖するものの、法人登記はそのまま残すため、完全撤退ではない。ただ、以前、3年前に1度自社パブリッシングを休止した際には、日本のメーカーとライセンス交渉を行なうスタッフは残していた。今回は全員が2月末をもって一斉に退社するため、前回よりもより撤退に近い形にはなる。

 日本法人は、海外ゲームが比較的売れにくい日本市場で「セインツロウ ザ・サード」をヒットさせ、THQの海外法人としては数少ない成績の良い法人だったが、大規模な経費削減の余波を受け、黒字での閉鎖となる見込み。

 今後については、公式サイトやユーザーサポート業務は何らかの形で継続していくことが予想されるが、北米で今夏以降の発売を予定していた「Dark Siders II」以降のTHQタイトルの日本展開については一端白紙となる。もっとも、「Dark Siders II」をはじめとしたTHQの各有力タイトルについては、日本のゲームパブリッシャーがライセンスを獲得して発売していくことも予想される。

THQが出掛けたゲームは数知れず。THQジャパンの歴史を紐解いていこう。

THQ

THQは、アメリカ・カリフォルニア州Calabasasに本社を置くコンピューターゲームの開発・発売を行う企業。コンシューマーゲーム機およびWindowsPC用のゲームソフトを開発している。

設立当初は玩具の製造メーカーであり、企業名「THQ」も"Toy Headquarters"から来ている。しかし、現在は玩具業界から撤退し、1994年以降はコンピューターゲーム専業の企業となっている。CEOは創業者でもあるブライアン・ファレル、日本法人としてTHQジャパン株式会社(代表取締役:ティモシー・リンドン・ページ)が置かれている。

2006年7月、『カーズ』(同名映画のゲーム版)で日本進出。THQ本体からのリリースはマルチプラットホームが主体だが、THQジャパンでは市場にあわせて発売機種を絞っていた。2008年発売のブロブ カラフルなきぼうから約3年ほどはWWEシリーズや廉価版をのぞき、主にスパイクやサイバーフロント、コナミにライセンス供与の形で日本版発売を行っていた。2011年11月発売のSaints Row: The Thirdより自社パブリッシングを本格的に再開したが、後述する本社の経営不振により2012年2月29日をもってTHQジャパンは事務所を閉鎖した。

欧米では2010年にWii用タブレットとしてuDraw GameTabletをヒットさせたが、翌2011年に発売したPS3&Xbox 360版は140万台が売れ残る大不振に終わり、2012年2月現在約1億ドルの財源不足に陥っている。

主なゲームソフト

  • カーズ
  • The Outfit
  • MotoGP: Ultimate Racing Technology
  • スポンジ・ボブ
  • スポンジ・ボブとなかまたち
  • スポンジ・ボブとなかまたち トイボットのこうげき
  • スポンジ・ボブとアトランティス、行きたいんデス
  • WWE SmackDownシリーズ
  • WWE2007 SmackDown vs Raw
  • WWE2009 SmackDown vs Raw
  • WWE2010 SmackDown vs Raw
  • WWE2011 SmackDown vs Raw
  • WWE レジェンズ・オブ・レッスルマニア
  • WWE'12
  • Juiced eliminator
  • デストロイ オール ヒューマンズ!
  • バーンヤード~主役はオレ、牛
  • モンスター・ハウス
  • レミーのおいしいレストラン
  • S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL
  • CONAN
  • スタントマン:イグニッション
  • Saints Row
  • Saints Row 2
  • ズータイクーン2
  • ウォーリー
  • ドリフトナイツ ジュースド2
  • ブロブ カラフルなきぼう
  • フロントライン フュエル・オブ・ウォー
  • ロックス・クエスト~新米アーキニアの百日戦争
  • UFC 2009 (日本版はユークスより発売)
  • ダークサイダーズ 〜審判の時〜 (日本版はコナミより発売)
  • Darksiders II (日本版はスパイクより発売)
  • レッドファクション:ゲリラ (日本版はスパイクより発売)
  • レッドファクション アルマゲドン (日本版はスパイクより発売)
  • メトロ2033 (日本版はスパイクより発売)
  • UFC 2010 (日本版はユークスより発売)
  • ホームフロント (日本版はスパイクより発売)
  • ウォーハンマー40,000:スペースマリーン (日本版はサイバーフロントより発売)
  • uDraw
  • Saints Row: The Third
  • NEXUiZ
  • UFC 3 (日本版はコナミより発売)
  • Metro: Last Light
  • South Park: The Game
  • デビルズサード

かつて提供していた番組

  • This Week in WWE

DARKSIDERS~審判の時~

ストーリー

人類栄えし現代
天軍と魔軍の戦争が勃発
人々は、なす術もなく屠られていく…
そこへ「黙示録の四騎士」が現れる
いったい何者が彼らを召喚したのか、分からないまま魔軍に立ち向かうが
圧倒的な敗北に終わってしまう。

人類は歩く屍と化し、全てが荒廃しきった今、
黙示録の四騎士の一人、ウォーが自らの意思で地上に降り立つ。
「何者が我を召喚し、調和を崩したのか」
天軍に謂れのない敗北の謗りを受け追われた彼は、
その陰謀を確かめ、再び均衡を取り戻すべく、魔軍に立ち向かう。
いや
天使も悪魔も関係ない、
誇りを汚した者への復讐を、ただ遂げるためだけに―

創生より続く天界と地獄の闘争、いつ果てるとも知れぬ戦いのさ中
焦炎評議会が生まれる、どちらか片方が宇宙の調和を乱すほどの力をつけたとき
評議会は四騎士を送り込み迅速かつ、苛烈な審判を下す。
評議会の前に天も魔も頭をたれる掟がここに生まれた

やがて人類が生まれる、ぜい弱だが狡猾なこの種族が地上に第三の王国を築き
調和の一員になると見た評議会は七つの封印を施し、それを天界と地獄の休戦の証とした。
人類が天と魔と対等に渡り合える力をつけたとき全ての封印が解かれ最終戦争が始まる。
そこには新たな調和が生まれるだろう、またそれに異を唱える者は四騎士によりことごとく誅されるのだ


地球に流星群が降り注いだその日、人類は滅びた。封印が解かれ天軍と魔軍の戦いが第三の王国で始まったのだ
四騎士の一人である戦争<ウォー>が地上に降り立ったことが何よりの証拠だった
だが審判の時においてもまだ人間はぜい弱すぎた、人類にとってあまりにも早いハルマゲドンが始まってしまった。

ウォーは混乱していた、他の兄弟たちの姿は見えず天使や悪魔と対等に戦うはずの人間は惨めに逃げ惑うばかり
さらに裁定者としての無敵の力が次々と失われていく、天使長アバドンを戦いの中に見たウォーは
この異常事態について問いただす、しかしアバドンが騎士を見て発した言葉はさらに奇妙なものだった。

『ありえん!七つ目の封印は解かれておらんぞ!』
全ての封印が解かれたからこそ最終戦争が始まり四騎士が召喚されたのではないのか・・・?
戸惑いをみせたアバドンはその隙を突かれ大悪魔ストラーガに握りつぶされてしまう
さらに力を全て失ったウォーもまた同じ運命をたどった。


『誰もおぬしを召喚してはいない!封印は一つとして解かれてはおらぬわ!』
焦炎評議会に厳粛な声がこだまする、評議会によって呼び戻されたウォーは叱責を受け
それどころか無断で地上に降り立ち魔軍を先導することで調和を乱し、焦炎評議会の名を
貶めたのではないかとの疑いさえかけられる。

何者かに召喚されたことは事実であり、地上に降り立った時すでに戦争は始まっていた
自分の存在が引きがねになったはずは無い、アバドンなら事情を知ってるはずだとの弁明も
当のアバドンが滅した今は無意味だった。

いま地上は破壊者という異名のみ知られている謎の悪魔が率いる軍に占領されつつある
ウォーが名誉を回復するためには破壊者を抹殺し地上を奪還する以外に無い
もし失敗すれば悪魔が評議会に代わり裏切り者の騎士に裁き下す結果になるまで
ウォーは目付役のウォッチャーと共に今一度第三の王国に降り立つ
あの日からおよそ一世紀、人類の世界は完全に廃墟と化していた。

破壊者が魔軍の全権を握って以来、それに従わない悪魔は皆追放され、力を持つものは幽閉された
悪魔の商人ヴァルグリムと魔界の支配者の座を逃したサマエルは利害の一致した数少ないウォーの味方と言えた。
そしてサマエルを幽閉から解くウォー、この自由を得た異端の大悪魔は告げる
破壊者が鎮座する塔は四人の選ばれし者が心臓に蓄えた魔力で結界を張り、さらに塔の内部では
あのストラーガが破壊者を守っている、まずは選ばれし者たちの心臓を俺にささげろ、お前では使い道もわかるまいと。

サマエルにうながされ選ばれし者たち、即ち

ティアマット、グリーヴァー、スティジアン、シリサ

これらの心臓をえぐり出す旅を始めるウォー
途中エルダーの一人であるブラック・ハンマーこと鍛冶師ウルセインと出会い
アバドンの仇と付け狙う天使ウリエルと一戦を交え、はぐれていた愛馬ルインと再開する
そして四つの心臓がサマエルの手に渡った。
※「エルダー」という種族についてゲーム中ほとんど解説されませんが、精霊や妖精のたぐいのようです。


心臓を喰らいサマエルは力を全て取り戻す、心臓が守っていたのは結界ではなくサマエルの魔力だったのだ
憤慨するウォーだが復讐には敬意を払うぞとサマエルは塔の封印をたやすく破り転移門を開く
そう、ウォーの目的はもはや騎士としての名誉の回復ではなく、自分を侮辱した者たちへの制裁となっていた。

ストラーガが守る塔、「黒の玉座」に転移したウォーは意外な人物と出会う。死の天使アズラエルがそこに幽閉されていた
アズラエルは信じ難い真相を語る、あの偽りの最終戦争を引き起こしたのはアバドンだったのだ。

天軍の威信を不動のものにせんと画策したアバドンは封印を破壊する力を秘めた武器
ハルマゲドンの剣をウルセインに作らせた。
この剣で7つの封印のうち6つまでを破壊し、新世界の覇者を決める最終戦争が始まったように見せかければ
魔界の実力者たちは地上におびき出される
それらを抹殺し混乱を収拾することでアバドンは人類に天使の威光を知らしめようとしたが
最後の封印が手中にあるにもかかわらず何故か終末の四騎士ウォーが現れ
さらにストラーガに不意を突かれたことでその計画は頓挫してしまった。

アズラエルを開放しストラーガに雪辱を果たしたウォーは崩壊する塔からアズラエルと共にエデンへ脱出する
始祖が追放されてより時の止まったこの聖地には知恵の樹があった
この樹の前に立つ者はあらゆる困難を乗り越える知識と未来を授かる。
破壊者との対決を目前に控えたウォーがその前に立つのは当然のことだった。
ジャンル アクションアドベンチャー
プラットフォーム PLAYSTATION3・XBOX360
販売元 KONAMI
開発 THQ Inc., Vigil Games
発売日 3月18日
プレイ人数 1人
価格 7,140円